ヒロインの成長に必要な超絆P・絆P一覧 Edit

  • 超絆P
    最大Lvの上昇に必要。
    最大LvLv5→Lv10Lv10→Lv15Lv15→Lv20Lv20→Lv25Lv25→Lv30Lv30→Lv35Lv35→Lv40Lv40→Lv45Lv45→Lv50Lv50→Lv55
    超絆P10202030404050506060
    累計10305080120160210260320380

例)担当したばかりの初等科生徒をLv30まで上げたい場合、120Pの超絆Pを使用する(10+20+20+30+40)

  • 絆P
    ヒロインのLv上昇に必要。
    ヒロインLv合計累計
    絆P101521287474
    ヒロインLv10合計累計
    絆P3645556678280354
    ヒロインLv1112131415合計累計
    絆P92106120134148600954
    ヒロインLv1617181920合計累計
    絆P1621761902042189501904
    ヒロインLv2122232425合計累計
    絆P23425026628229813303234
    ヒロインLv2627282930合計累計
    絆P31433034636237817304964
    ヒロインLv3132333435合計累計
    絆P39641443245046821607124
    ヒロインLv3637383940合計累計
    絆P48650452254055826109734
    ヒロインLv4142434445合計累計
    絆P578598618638658309012824
    ヒロインLv4647484950合計累計
    絆P678698718738758359016414
    ヒロインLv5152535455合計累計
    絆P780802824846868412020534

戦闘について Edit

  • バトルスピードは0.5〜10倍速まで変更できる。バトル画面をクリックすることで設定。
  • 基本的に、ヒロインは7行動でスペシャルゲージが満タンになり、8ターン目にスペシャル魔法を発動する。
  • 本体の代わりに敵を攻撃する自律行動トークンの特徴
    • ウィステリア、プリシラ、ヴィクトリア、コゼットの戦闘魔法が該当。ウルは自律行動トークンを持つものの本体も攻撃するためこれらの特徴が当てはまらない。シルビアは自律行動トークンを持たないが、本体が行動しないことにより<出血>を無視する特徴を共有する。
    • 本体が攻撃しないので、攻撃時にダメージを受ける<出血>の効果を無視できる。<出血>に似ているが<毒>ダメージはターン開始時に発生するので無視できない。2019/1/18に修正されるまでは<暗闇>「攻撃力ダウン」も無視できていた。
    • トークンは「攻撃力の○○%の威力の攻撃を行う」のではなく、「攻撃力が本体の○○%に変化」する。ダメージ計算上の都合で、同じだけ倍率が増加するなら後者の方が有利。
  • 騎乗・搭乗トークンの特徴
    • ディー、クラウディア、ダリア、フロリアの戦闘魔法が該当。
    • 戦闘開始時とターン開始時、特定のバフが発生する。戦闘中に同種のデバフを付与されて打ち消されても、ターンが回ってくると再びバフが発生。
    • 仲間の魔法などによってトークンの発生させるバフと同種のバフを付与された場合、効果の高い方が優先される。
       例)ダリア(+20%)にルーチェの戦闘魔法で攻撃力アップ(+50%)を付与した場合、ルーチェのバフで上書きされ、その効果が切れるまでダリアのバフは発生しない。
  • サポート魔法の仕様
    • 複数のサポート魔法が同じタイミングに発生条件を満たしても、1つしか発生しない。攻撃の直前に発生するもの、攻撃後に発生するものは一見別タイミングだが、両者が同時に発生することもない。
    • 攻撃時に発生するサポート魔法は、スペシャル魔法を発動したタイミングには発生しない。
    • リーダーの攻撃対象に攻撃を行ういわゆる追撃系のサポート魔法は、サポートされるリーダーではなくサポートするヒロインの攻撃力を参照してダメージを決定する。
    • リーダーの攻撃対象に対して発生するサポート魔法は、リーダーの攻撃が命中しなければ発生しないものと、ミスしても発生するものがある。
      • 命中すると発生……追撃系、属性付与系、ルナ・ジーナ・ウルの<隙>付与
      • ミスしても発生……フロリアの<麻痺>付与、チャコの<暗闇>付与、ユーニの<眠り>付与
    • ランダムな対象もしくは自分自身に対して発生するサポート魔法は、攻撃ではない行動(ウィステリアの「詠唱」、スノウの「隠れる」など)をとったタイミングでも発生する。ミカン、アマンダ、ノエミのバフ・デバフ系サポート魔法が該当。ただし、チャコのサポート魔法はリーダーの攻撃対象に<暗闇>を与えるという記述にもかかわらず、攻撃ではない行動でも発生する。その際の対象はリーダーが遠距離攻撃タイプでも前衛の敵になる。一方、チャコ同様状態異常を与えるフロリアのサポート魔法は、チャコとは異なり攻撃時にのみ発生する。
  • 状態異常の仕様
    • <毒><出血>は、既に付与されているものを上回る効果をスペシャル魔法で付与した場合、上書きできる。
    • [毒][血]ルーンについては、同種のルーンを複数セットすると効果量は合算される。
    • <毒><出血>のダメージには上限がある。<毒>は最大HPの20%、<出血>は最大HPの10%まで。
    • [耐毒][耐血]ルーンで<毒><出血>耐性を上昇させると、<毒><出血>のダメージが軽減される。
    • [暗]ルーンを複数セットすると命中率低下量がより大きくなる。
    • [痺]ルーンを複数セットすると行動速度低下量がより大きくなる。
    • 規定ターン経過後、キャラにターンが回ってきたタイミングで状態異常は解除される。例えば「1ターン継続」の場合は、1ターン目の行動を終えた後も状態異常アイコンは残り、2ターン目開始時に解除される。アイコンが残っている間、同じ効果の状態異常は受けない。
    • [耐毒]など状態異常耐性を上昇させるルーンを持つ装飾品を装備した場合、その性能にかかわらず対応する状態異常の継続ターンが短縮される。同じ耐性を上昇させる装飾品を複数装備しても短縮されるのは1ターン分だけ?
  • バフ・デバフの仕様
    • 状態異常とは異なり、デバフには耐性が存在しない。発生すれば必ず付与される。
    • バフ・デバフは同種の対となるデバフ・バフを受けると相殺される。
       例)攻撃力ダウンを付与されていたキャラが攻撃力アップを付与されると、攻撃力ダウンが消える。攻撃力アップは発生しない。
    • 重ね掛け不可。最も優先度の高い効果一つのみが適用される。既にバフ・デバフが付与されている状態で同種のバフ・デバフを付与した場合、それが既に付与されているものよりも優先度が高い場合に限り、上書きすることができる。基本的にスペシャル魔法は戦闘魔法・ルーン・サポート魔法より優先度が高い。より優先度の高いバフ・デバフで上書きすることで、継続ターンが上書き後のものに再設定される。
    • ヒルダの【血の呪い】による攻撃力アップ/ダウン・SP増加率ダウン、<隠れる>中のスノウのSP増加率アップは非常に優先度が高い。同種のバフ・デバフおよび同種の対となるデバフ・バフを効果量の正負にかかわらず上書きする形で付与され、対となるデバフ・バフで後から相殺されることもない。
  • ルーンによるダメージ増加・追加ダメージの仕様
    • [強][魔]ルーンによるダメージ増加は、それぞれ物理ダメージ、魔法ダメージのうち対応するダメージを増加させる。通常攻撃が物理攻撃でスペシャル魔法が魔法攻撃であるルナ、ポーリィ、メイについては、[強]ルーンでダメージが増加するのは通常攻撃のみであり、スペシャル魔法のダメージは[魔]ルーンでなければ増加しない。
    • ルーンによるダメージ増加は、一部の「攻撃後に追加攻撃を行う」戦闘魔法トークンによるダメージにも効果がある。[強]ルーンによって追加攻撃のダメージが増加するのはヴァネッサ、メイ。
    • リーダーの攻撃対象に追加で攻撃を行うサポート魔法(追撃サポート)には、サポートするヒロインの武器に付与された[強][魔]ルーンの効果が乗る。どちらが有効かはサポート魔法の属性に準じる。
       例)ポーリィのサポート魔法は光属性魔法攻撃であるため、[魔]ルーンでダメージが増加する。
    • 追加ダメージ系ルーンによるダメージは、下記ダメージ計算式において基礎ダメージ×倍率(%)で求められる(無論耐性やクリティカルも乗るがここでの説明においては表記を省略する)。
    • 攻撃に[強][魔]ルーンが乗って物理or魔法ダメージが増加した場合、追加ダメージ系ルーンのダメージ=基礎ダメージ×(1+物理or魔法ダメージ増加)×倍率(%)となる。これによりメインの攻撃に[強][魔]ルーンが適用されてさえいれば、メインの攻撃の属性と追加ダメージの属性の組み合わせが「物理+物理」、「魔法+魔法」、「物理+魔法」のいずれでも、追加ダメージはダメージ増加の恩恵を受けることができる。
       例)ルーンが[炎][強](炎属性追加ダメージ20%&物理ダメージ+20%)の武器で通常物理攻撃を行った場合、[強]ルーンによって基礎ダメージは120%に増加し、[炎]ルーンによる追加ダメージは120%×20%=24%になる。都合44%のダメージ増加。
    • ルーンによるダメージ増加、追加ダメージの効果は、サクラの反撃やウルの「猟犬ユーダ」の攻撃に乗らない。
  • ダメージ計算式
    • ダメージは攻撃力の2乗に比例し、防御力に反比例する。攻撃力の増減によるダメージ変動が顕著な計算式だが、ダメージ上限/下限(攻撃倍率1.2/0.2)が設けられ、格差の大きい敵と非常識なダメージをやり取りすることのないようになっている。
      低レベル帯では頻繁にダメージ上限に達するためその存在も敵の防御力も意識することは少ないが、レベルが上がって敵の防御力が非常に高くなると、ほとんどのヒロインはダメージ上限に届かなくなる。そうなると前述の通り攻撃力の影響が大きくなるため、「攻撃力増加」と「ダメージ増加」の違いに注意する必要がある。

 攻撃倍率=攻撃力 / 防御力  (0.2 ≦ 攻撃倍率 ≦ 1.2)
 基礎ダメージ=攻撃力 × 攻撃倍率 × 威力

ヒロイン→敵

物理ダメージ基礎ダメージ × (1 + 物理ダメージ増加) × (1 - 物理耐性) × クリティカル倍率
魔法ダメージ基礎ダメージ × (1 + 魔法ダメージ増加) × (1 - 魔法耐性) × (1 - 属性耐性) × クリティカル倍率

敵→ヒロイン

物理ダメージ={ 基礎ダメージ × (1 - 物理耐性) × クリティカル倍率 − 物理軽減 } × (1 - 物理ダメージ減少)
魔法ダメージ={ 基礎ダメージ × (1 - 魔法耐性) × (1 - 属性耐性) × クリティカル倍率 − 魔法軽減 } × (1 - 魔法ダメージ減少)

  威力:「攻撃力○○%の攻撃」「攻撃力の○○%の威力の攻撃」「威力は本体攻撃力の○○%」のような表記における「○○%」の値
  物理or魔法ダメージ増加:[強][魔]ルーンによる「ダメージ+○○%」の効果量
  物理or魔法ダメージ減少:ローラやマホのサポート魔法による「ダメージを○○%減らします」の効果量
  クリティカル倍率:クリティカルの場合は1.5、クリティカルしなければ1
  物理/魔法軽減:[厚][減]ルーンによるダメージ軽減の効果(固定値)
  属性耐性:炎氷雷風水地光闇への個別の耐性

装備生成成功率算出方(仮) Edit

 装備生成時、+0〜+6(☆1+,☆2+は+2〜+10)の各段階に「作成難易度」(仮称)が設定されている。

  • 作成難易度一覧表
      +0+1+2+3+4+5+6ルーン1ルーン2ルーン3
    ☆1306090120150190240400
    ☆2140170200230260300350350400
    ☆3280310340370400440490300350400
      +2+4+6+7+8+9+10ルーン1ルーン2ルーン3
    ☆1+90120150180210250300350
    ☆2+210240270300330370420300350
    ☆3+360390420450480520570300300350

 各段階の成功率は、以下の計算式で求められる。
  成功率=(総研究力÷作成難易度)×100+(リーダーの研究魔法による補正) (小数点以下切捨て)
 成功率が95を超える場合は95に修正される。

思い出について Edit

  • 多くの思い出の+値とステータス増加量は正比例していない。
    • 課金ガチャ産は+値が小さい頃ほどステータス増加量の上がり幅が大きい。
    • イベガチャ産は+値が大きい頃ほどステータス増加量の上がり幅が大きい。

誰々をパーティに入れて特定回数バトルするミッションを指導PもイベントPも消費せずクリアする Edit

ミッションの中には特定のヒロインをパーティに入れて(リーダー、サポーター問わず)特定回数バトルすることでクリアできるミッションがある。
また基本ストーリー序章のLv1ステージは指導ポイント0で挑める。
このため基本ストーリー序章のLv1ステージをミッション対象のヒロインらを詰め込んだパーティで周回することによって指導PもイベントPも消費せずミッションをクリアできる。
デイリーミッションの「バトルを5回クリアする」の様なミッションも同じやり方でクリア可能。

コメントフォーム Edit


最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 小ネタというか、豆知識てきなもの。デイリーミッションの「バトルを5回」だけど、P消費量をx2・x3・x4にしても「1回」としかカウントされない。なので達成目的だけならば、ちまちまと1消費を5回繰り返すほうがいいかも。(アプデでの改善が待たれる) -- 2018-11-05 (月) 06:56:46
    • 消費0で5周して消化でもいいぞ。最初のやつは2wで終わるから早い -- 2018-11-05 (月) 15:29:28
    • 豆知識でもなんでもない。 一回分の戦闘にPを多くつぎ込むかどうかだけ。 どこをどう見れば複数回達成できると思ったのやら。 -- 2018-11-16 (金) 19:08:48
      • 別のゲームで消費を倍にすれば複数回扱いにしてくれるゲームとかあるんよ -- 2018-11-16 (金) 22:59:41
      • 「キャラをx回強化しよう」とかで素材を複数同時に入れても1回扱いになるのと回数分になるゲームあるよね。例えば前者は神姫Project、後者はユニティア。特にこれらは両方とも同じ開発元なのに仕様が違う。 -- 2018-11-26 (月) 14:41:34
      • 5体同時合成できるのにデイリーミッションのせいで1体ずつする仕様嫌い -- 2018-11-26 (月) 17:44:50
      • このゲームの5回戦闘しろはともかく、育成したい時期でもない時に手間増やされるのはやめてほしいよねぇ -- 2018-11-27 (火) 00:05:33
      • メイドディーイベント以降は4倍消費で4回カウントするようになった -- 2018-12-13 (木) 23:03:22
  • ダメージ計算で分かりやすい例を挙げると、ファイアドレイクLv30は攻撃力1350、防御力1200。防御を抜くには攻撃力1440以上、被ダメージを軽減するには防御力1125を上回る必要がある、となります。味方の物理攻撃(耐性50%)で与えるダメージは攻撃力720だと216、攻撃力1440なら864。味方の防御力が500でも1000でも受けるダメージは等しく1620になります。 -- 2018-11-30 (金) 23:46:52
  • サポに付ける3人の効果などについて知ってる方いらしたら是非! -- 2018-12-03 (月) 08:26:37
    • サポート魔法についてなら各ヒロインの情報参照。
      それ以外はHP上昇(サポートメンバーのHPの10%程度?)。攻撃力防御力の上乗せは無かったはず -- 2018-12-03 (月) 10:03:18
  • ダメージ計算式ですが攻撃倍率を攻/防にして上限を1.2倍とすれば、よりすっきりした式にできると思います。またその場合の下限は0.2倍になります。 -- 2018-12-13 (木) 07:27:26
    • 確かにその方が収まりがいいですね。下限ダメージに関しては未確認でした。攻撃力が防御力の0.2倍未満だと、攻撃倍率0.2に補正されるという解釈でいいでしょうか -- 2018-12-13 (木) 20:00:38
      • それで合ってるはずです。攻撃力が十分に低い場合、ダメージが攻撃力の1/5に固定されるので。 -- 2018-12-16 (日) 02:56:27
  • 攻撃サポ複数人付けたら全部発動する?しない場合並び順で優先度あるの? -- 2019-01-10 (木) 16:01:36
    • 追撃サポートは同時に複数発動しない、それと攻撃以外のターン経過では発動しない(ミカンの鈍足サポートはギルデルカ召喚等でも発動する)
      優先順位は要検証、条件を満たしたサポートからランダムで1つ発動という可能性もある -- 2019-01-10 (木) 21:40:44
  • サポートの「同じタイミングに」って、々況盪:追撃・属性付与・デバフ⊆け時:防御・カウンターウェーブ間:回復、ってこと? -- 2019-08-25 (日) 11:03:06
    • 現状、サポート魔法が発生するタイミングはその3つだね -- 2019-08-25 (日) 16:56:56
  • 計算式がよくわからんのだが、ルーンが強鋭と強強だとどちらが強いの? -- 2019-09-03 (火) 20:31:58
    • 前提によって異なる。ほとんどの場合は強鋭の方が強い。ただしヴァネッサは強強の方が強く、ルナ・ポーリィ・メイのような複合属性持ちは追加ダメージ×2(鋭鋭や光鋭など)の方が強い。追撃サポート要員は強強がベスト。サポート魔法が追撃のキャラ(ヴァネッサ以外)であってもリーダー時は強鋭の方が強いけど、強強と強鋭は大差ない(最大で1.4倍と1.44倍)ので強強で妥協されることが多い -- 2019-09-03 (火) 21:13:37
      • とても分かりやすい説明ありがとうございました。テンプレとして載せたいくらいです -- 2019-09-05 (木) 04:50:00
  • ポーリィの【光の紋章】には「魔」ルーンが乗らないそうです -- 2019-09-08 (日) 13:50:36
    • ルナと一緒だと思ってた。誰か検証求む -- 2019-09-08 (日) 20:27:30
      • 某掲示板で書いてた者だけど、ガチで乗りませんでした。画像とか必要なら、まだ一応残してあるけれども。空きルーン1個付きスピアがもう1本あるので、改めて必要なら手順示してくれればそのとおりにスクショ撮影して投げますよ。 -- 2019-09-10 (火) 01:09:56
      • そもそも編集は自由ですし検証した本人からの情報提供というだけで十分かと。このページは更新しておきますね -- 2019-09-10 (火) 02:02:16
    • 設定ミスかな? -- 2019-09-08 (日) 23:59:04
      • と思いルナ【精霊の手助け】、メイ【ディスペル・マテリア】を確認しましたが、両者魔ルーンは乗りませんでした・・がメイのディスペル~は強ルーンが乗り、ルナの精霊~の方は乗りませんでした。(R板公式雑談コミュ6 No48画像参照) -- 2019-09-20 (金) 19:19:50
      • 元からそうだったのかサイレント修正なのか分からないのはアートワールではよくあること -- 2019-09-21 (土) 00:46:59
  • 星3作成難易度記載。間違ってたら直しといて -- 2020-02-29 (土) 02:00:14
  • この前のヒルダイベントでは炎と地が有利でしたが、敵の耐性の倍率は異なっておりました。
    それで思ったのですが、地属性のおめかしフロリアに炎属性付与のセレスをサポートとして
    つけるとどういうことになるのでしょうか?
    炎と地の効果があるなんてことはおそらくないでしょうが、地になるならサポートは無意味、
    炎になるなら属性を変えられるということで意味があると思うので教えていただきたい。 -- 2020-07-11 (土) 10:05:51
    • 適当なバトルで試した方が早かった。意外にも両方出てますね。 -- 2020-07-11 (土) 10:10:03
    • 炎属性になります。両方出るというのは、メインの攻撃+ルーンの追加ダメージのことではないでしょうか -- 2020-07-11 (土) 13:07:33
      • そういえば地ルーンつけてたな。外してみないとだめか。
        まぁそれでも地属性攻撃はなくならないでしょうね、炎属性付与が発生率25%だから。
        指摘自体は正しいから、付与が働いた時ってことで試してみますわ。 -- 2020-07-11 (土) 15:13:26
      • 登場する瞬間は地属性攻撃に固定で、
        それ以降は、炎属性付与が働くと炎のみ、働かないと地のみでした。 -- 2020-07-11 (土) 15:21:49
      • 漢字ミス、登場→搭乗 -- 2020-07-11 (土) 15:31:01
お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

※ボイス台詞等のネタバレを含む情報のご提供は白文字にして投稿していただけますようお願いいたします


TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-19 (日) 22:06:50